<% content.title %>スポンサードリンク


アウトドア&フィッシ

ング ナチュラム

投げ釣りの準備をしよう


投げ釣りは全国各地で盛んですね。

投げ釣りの対象魚にはいろんな魚がいます。

投げ釣りに限らずですが、釣りをしていると、魚屋さんに並ばないような魚がれ、食べるのが楽しみな時が沢山あります。

鮮度の良い魚はどんな魚でもでおいしいのですが、やはり旬の時期にれた魚がやっぱりおいしいです。

自分で魚の鮮度を保てる調達手段は釣りしかない!

さあ、まずは投げ釣りの道具をそろえるのですが、その前に身近な釣り場(環境)をいくつか調べてみましょう。

釣り場の環境によって道具が変わります。

砂浜からの投げ釣りになるのか、堤防からの投げ釣りになるのか、流れのきつい釣り場なのか、比較的流れの緩やかな釣り場なのか、そして周りでは投げ釣りでどんな魚がれているのか、自分はどんな魚を釣りたいのか。

場の調査が終わったら具屋に行き、「投げ釣りを始めたいのですが、道具は何がいいでしょうか」と言って具屋の店員さんに聞きます。

このとき、調べてきた場の環境と自分がやってみたい投げ釣りのスタイルを店員さんに伝えます。

投げ釣りに限らず、具屋さんを選ぶコツは品揃えがたくさんあるお店です。

スカスカの具屋はハッキリ言ってダメです。

基本的には、投げ釣り専用竿、投げ釣り専用リール、道糸、力糸、天秤、おもり、仕掛け、よりもどしなどのパーツ、はさみ、ライフジャケット、キャップ・・・あとエサがあれば投げ釣りが出来ます。

れるという前提で、クーラーボックスも準備しましょう。

投げ釣り専用竿や投げ釣り専用リールは、価格がピンからキリまでですので予算に合わせて購入しましょう。

ここで釣りのマナーの話をしましょう。

大きく分けて、2つあります。

1つ目は環境に対するマナーです。
きれい事を言うのは好きではないので、最低限の話。

「自然に還らないものは捨てない!」

2つ目は人に対するマナーです。
声を掛けられたく無い方もいますので、必ず挨拶とかは言いません。

これも最低限の話。

「その釣り人の邪魔をしない!」

投げ釣りに限らず、海でも川でも湖沼でもり人のマナー向上をめざしましょう!


■スポンサードリンク■


posted by ラテスJP at 14:37 | 投げ釣りの準備をしよう


アフィリエイトならリンクシェア
<% content.title %>スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。